[HOME]

[スイス銀行口座開設のご相談]

 

 

緊急警告 香港に銀行口座をお持ちの方へ

 

日本の政府よりも中国政府のほうが信頼できる?!

 「日本政府の財政破綻が怖い」

そう思われて海外に銀行口座を開く方は少なくありません。

政府の抱える巨額の借金が悪性インフレを招くという懸念を払拭するのは困難です。終戦直後に実際に行なわれた預金封鎖の記憶も頭をよぎります。

ところが、「日本政府の財政破綻」や「ペイオフ」を気にかけている人たちの多くが香港に銀行口座を開いているのは、実に不可解なことだと言わなくてはなりません。

確かに、日本の政府のやっていることに不満があるのはわかります。しかし、だからといって、日本政府よりも中国政府のほうが信頼できるとは考えてられるでしょうか。有事の際に、日本人に対して、中国政府のほうが日本政府よりも誠実な対応をしてくれるとでも思われているのでしょうか。

そんなことはないはずです。

 単に、「地理的に近いから」「日本語が通じそうだから」という理由で、何となく香港がいいと思われているにすぎないのです。

 

香港の銀行口座は今すぐ閉じよ

 はっきり言います。香港の銀行口座は危ない。今すぐに閉じて下さい。

 現在、日本と中国は尖閣諸島をめぐって一触即発の状態にあるといっても過言ではありません。日本ではあまり報道されませんが、「戦争も辞さない」と発言する中国要人は後を絶たないのです。日米安保条約の存在さえ意に介さない態度には、単なる脅し以上の凄みが感じられます。

中国は東シナ海・南シナ海周辺で近隣諸国と小競り合いを続けていますが、なかでも尖閣諸島は中国の覇権を示すために「象徴的な意味」があると言われています。中国の挑発的な態度は、武力による対決をむしろ望んでいるようにさえ見えます。

 では、もし日中間に軍事衝突があれば、香港を含む中国国内にある日本人資産はどのような扱いを受けるでしょうか。

資産の没収とまではいかなくても、預金の封鎖、資産の一時的な凍結くらいは十分あり得る話です。そして、その「一時的」とはどのくらいの期間でしょうか。想像もつきません。

 

金融資産はできるだけ「中立国」に

 現在、香港に銀行口座をお持ちの方は、すみやかに資産を信用できる中立国に移動させることをお勧めします(できれば、今後中国の影響が強まると予想されるアジア地域は避けて下さい)。もし香港にこだわりがある場合は、資産そのものは中立国に移して、運用機能のみを香港に残すことは可能です。

 軍関係者のちょっとした不注意、冷静な判断の欠如などがあれば、軍事衝突は明日にでも生じるかも知れません。

日本人が「平和ボケ」によって資産を失いかねない事態が、今、すぐそこまで迫ってきているのです。

 

*当サイトでは、日本語の通じるスイス銀行(プライベートバンク)の口座開設について、無料でご相談を承っております。口座開設されたお客様には、スイス、リヒテンシュタイン等での長期滞在、移住、ご子弟の教育などに関するご相談にも応じています。(詳しくは、こちら)

 

[香港での銀行口座開設について]

[シンガポールでの銀行口座開設について]