[HOME]

[スイス銀行口座開設のご相談]

[香港に銀行口座をお持ちの方へ]

 

なぜ、自治権が縮小する香港で

銀行口座を開設するのか

 

 

危機に瀕する「香港の自治」

 最近、香港の自治権を縮小しようとする中国政府の動きが報道されている。「香港の中国化」は着実に進行しているようだ。今や香港は、イギリス植民地時代以来の自由な金融センターとしての輝きを失いつつあると言ってよい。

 ところが、香港には今も日本人の金融資産がある。金融ビッグバンで海外銀行口座の開設がブームになって以来、相当数の日本人がHSBC香港支店など在香港の銀行に資産を預けた。かつてほどの勢いはないにせよ、その流れはまだ続いている。

 

資産を危険にさらす愚

 実は、香港の自治権が近い将来失われることは、英国から返還されたときからの既定の事実である。したがって、現在の動きはその前倒しにすぎず、遅かれ早かれ、香港は自治権を失う運命だ。そうなれば、香港にある日本人資産は間違いなく日中問題のカードとして使われることになろう。さしあたっては尖閣諸島の問題だが、中国はいずれ沖縄の領有権さえ主張するだろうとも囁かれている。

では、この期に及んでなぜ、「安全・安心」をお題目のように唱えている日本人が、香港に新たな銀行口座を開きたいなどと思うのだろうか。手数料目当ての怪しげな業者の口車にでも乗せられたとしか考えられない。

 

海外銀行口座は中立国に

リスクにも「良いリスク」と「悪いリスク」があるが、資産に及ぶ「政治的リスク」には百害あって一利もない。よって資産は、国際的な紛争からできる限り離れている場所に避難させ、保全するべきである。

「国際的な紛争からできる限り離れている場所」とは、紛争から地理的に離れているだけでなく、時間的にも離れている中立国のことだ。すなわち、数百年にわたり国際対立から距離を置いてきた永世中立国にほかならない。残念ながら、そんな国はアジアには存在していない。

 ならば、われわれ日本人の資産を最後まで守りぬく国とはどこであろうか。

その問いに対する答えは、おのずと定まっているのではないだろうか。

 

 

*当サイトでは、日本語の通じるスイス銀行(プライベートバンク)の口座開設について、無料でご相談を承っております。口座開設されたお客様には、スイス、リヒテンシュタイン等での長期滞在、移住、ご子弟の教育などに関するご相談にも応じています。(詳しくは、こちら)